働き方改革

働き方改革の目的

「働く方の置かれた個々の事情に応じ、多様な働き方を選択できる社会を実現し、

働く方一人ひとりがより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。」

厚生労働省 「働き方改革」の実現に向けて

高齢化社会により労働力はますます減少していき、現在の働き方のままでは介護離職の増加も考えられ将来的には「今の3割程度のリソースで事業継続をしなければならない…」という最悪のケースも考えられます。

事業の継続のために、今から働き方を変えていきましょう。

働き方改革は主に3つの課題に分けられます

柔軟な働き方の実現

子育て・介護等との仕事の両立や、高齢者・持病を抱える方でも働きやすい環境の整備が必要となります。

長時間労働の是正

ワーク・ライフ・バランスを改善し、労働者の心身の健康確保と、仕事と子育て・介護等を無理なく両立できるよう労働時間を削減していく必要があります。

生産性の向上

労働時間の短縮に伴い、今まで以上に労働生産性の向上が求められるため、業務効率化やコミュニケーションの基盤強化が必要となります。

柔軟な働き方の実現

テレワーク

自宅や移動中でもフレキシブルに働くことができ、移動時間や残業時間の削減や、災害時でも安心して働くことができます。

ミーティングスペース

スマートオフィス

テレワークが増加して、オフィスの空席もちらほら……。そんな空間を有効活用できます。
増加しているWeb会議に対応するためにミーティングスペースの確保も可能です。

長時間労働の是正

テレワーク

見積作成のために夕方に出先から帰社して残業していませんか?
移動中のスキマ時間に作成したり、家に帰って作成することで残業時間を減らせます。

残業時間の管理

リアルタイムに自身や社員が何時間残業しているのか把握することで、定時間労働の抑制につながります。
必要な時にワンクリックで集計をかけられる、勤怠管理システムのご提案も行っています。

残業の抑制

勤務時間外になると警告画面を表示し、残業申請・承認のない社員のパソコンを強制シャットダウンすることができるシステムもご紹介できます。
従業員の時間意識を変え、残業の削減につながります。
また、社員一人ひとりのパソコン使用時間を記録することができるため、タイムカードと組み合わせてチェックを行うこともできます。

残業の抑制

・企業内一律の有給休暇を設定する
・時間単位の年次有給休暇を可能にする
・年次有給休暇の計画的付与
など社内の制度・意識改革を行い、メリハリをつけてきちんと休めるようにしていきましょう。
有給休暇の所得数の管理をEXCELなどからシステム化すると管理も容易になります。

生産性の向上

テレワーク

社外で業務をすることにより、不要不急の打合せ・来客対応等が減り、業務に集中できます。
また、自律的に業務に取り組むため、創造性の発揮も期待できます

ペーパーレス

ペーパレス化を進めることにより、印刷代・紙代等のコストカットは勿論、書類作成・確認のために出社する必要もなくなり、ます。また、稟議もワークフローも。

情報の共有・グループウェア

情報共有することで、仕事の俗人化から脱却し、業務の効率化につながります。
スケジュールや伝言メモの登録・確認を簡単に行え、文章やナレッジの共有も簡単にできます。
在宅勤務やモバイルワークの環境整備にもつながります。
経費精算やタイムカード機能が付随しているものもあります。

RPA

毎日・毎週行っているような定型業務を見直して
自動化することで正確性の向上・業務を効率化することができます。
また、削減した時間で新しい業務に取り組むことも可能です。